カテゴリー

カテゴリー「用具・用材」の記事

筆、硯、紙など

中国の印 3 ~シルクロードならぬ、ハンコロードを東へ

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

未曽有の被害、心痛む日々です。

原発も、安心できる状態にはなっていない様子、
不安な日々をお過ごしの方も多いのではないでしょうか?

近ごろ、テレビより、ラジオに癒されます。

私のお気に入りは、次の三つです。

Suono Dolce(スォーノ・ドルチェ)

OTTAVA by TBS

radiko.jp

音楽と温かいことばに癒されます。

さてさて、本題です。

美術館や博物館で、
書の作品って、
どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、
皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

前回までのブログをご覧になってくださった方は、

「泥にハンコを捺すなんて!」

と思われるかもしれません。

が、

昔は、紙が無かったから、紙に捺すという発想もなかったんですね。

それが、紙が発明されると、ガラッと変わります。

まず、印のサイズ制限がなくなったんです。

それまでは、
〈封泥(ふうでい)に使える程度の大きさ〉

ということで、

方寸(一寸四方)

と決まっていたんです。

これが、だんだん大きくなっていったんですね。

特に、身分の高い人のハンコが大きかったりします。
乾隆帝の印

とても、大きいですね。

よくぞ、このサイズの玉(ぎょく)を見つけてみたもんだ!!

権力、すごすぎです。

書画に、よく、ハンコが押されているのを目にされると思います。

台北故宮博物院のサイト

こんな風に、書画に押印されるようになったのは、
唐代以降なんだそうです。

王侯貴族の方々は、
書画を集めては、
「これは俺のだ!!」

ハンコを捺しまくったんだそうです。

だから、有名な作品ですと、歴代の所蔵家の印があちこちに捺されているんですね。

※例として、
過去のブログ呉説(ごえつ)『遊糸書』をご覧になってください。

用途は、広がっただけで、変わってしまったわけではありません。

現在でも、泥にハンコを押すことがあります。

陶芸

です。

御茶碗の底に、ハンコが押されているもの、
よく、『開運!なんでも鑑定団』に出品されていますね。

それから、

封蝋(ふうろう)
といって、封筒の口に蝋(ろう)を溶かしてたらし、
その上に、印を捺す
というおしゃれな使い方もあります。

いろんな用途で、印は現在でも、使われているんですね。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにとって、素敵な一日でありますように。

==========
参考文献
==========
新関欽哉『ハンコの文化史』(PHP 二十一世紀図書館0082 1987年1月26日)

このページの広告は、システムによる自動表示です。

筆者とは、関係ございません。

bell bell bell bell bell bell bell bell

Copyright © 2011 文字工房 安寧齋(あんねいさい) All rights reserved.

中国の印 2 ~シルクロードならぬ、ハンコロードを東へ

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

美術館や博物館で、
書の作品って、
どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、
皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

中国では、戦国時代からハンコが使われるようになりました。

はじめのころのハンコは、
伝来元の西方のハンコの様式によく似ていたようです。

円筒で、
彫られているものも紋様ばかりだったようです。
印材も、現在のような石は珍しく、
銅製の印がほとんどだったそうです。

というのも、まだ、このころは、印用の石は産出されていないのです。

用途も、財産を守ること。

使い方は、封泥(ふうでい)といって、
紐の結び目に泥をつけて、その上に印を捺したんですね。

オリエントとよく似ています。

しかし、

それが、だんだん、秦~漢代に入ってくると、
中国のハンコは、独自の進化を遂げます。

まだ、使い方は、オリエントに良く似た封泥(ふうでい)のままです。

印に、文字がつかわれるようになります。
「官印」
といわれる所有者の身分を証明する道具として使われるようになります。

用途に変化が出てきます。

紙のない時代、
木簡や竹簡といった、
木や竹を札のように細長く加工したものを、
糸で簾のようにからげて、使っていました。

これらをお手紙loveletterとして出すときに、
巻いて、
カバーをつけて、
紐で縛って、
さらに、
封泥(ふうでい)

そしたんだそうです。

ハムラビ王の時代同様、
中国の官吏も、ハンコをいつも身につけていたんだそうです。

官印には、紐を通せる穴があって、
そこに紐を通して、腰に巻きつけたんだそうです。

さいごまで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにとって、素敵な一日でありますように。

==========
参考文献
==========
新関欽哉『ハンコの文化史』(PHP 二十一世紀図書館0082 1987年1月26日)

このページの広告は、システムによる自動表示です。

筆者とは、関係ございません。

Copyright © 2011 文字工房 安寧齋(あんねいさい) All rights reserved.

中国の印 1 ~シルクロードならぬ、ハンコロードを東へ

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

美術館や博物館で、
書の作品って、
どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、
皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

メソポタミアで生まれたハンコ、

中国に伝わったのは、何時頃なんでしょうか?

flairヒントflair

シュメール人が文字を発明したBC3000年頃とおなじくらいに、
既にハンコは存在していたんだそうです。

ということは、

中国では、

最初の文字は、

殷時代の初期、BC1300年ごろの甲骨文字とされています。

じゃ、このころから???

答えは、NOngです。

出土されている中国で一番古いハンコは、
戦国時代以降なんだそうです。

中国の文献でも、
ハンコの記述が出てくるのは、春秋・戦国時代なんだそうです。

殷鉨(いんでい)という殷時代の印章とされるものが、
台北の故宮博物院
にあるそうなんですが、

これは、どうも、あやしいらしいのです。

どうして、戦国時代にハンコが使われ始めたのか?

ということに対して、新関欽哉さんは、

当時、鉄を使うようになった、

生産性向上

交易活発

西の文化が伝来

とおっしゃっています。

でも、鉄が使われるようになったから、戦国時代というように、
戦争も頻繁になったとも考えられ、
技術の発達は、良い面ばかりでもないようです。

さいごまで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにとって、素敵な一日でありますように。

==========
参考文献
==========
新関欽哉『ハンコの文化史』(PHP 二十一世紀図書館0082 1987年1月26日)

このページの広告は、システムによる自動表示です。

筆者とは、関係ございません。

Copyright © 2011 文字工房 安寧齋(あんねいさい) All rights reserved.

むか~しむかしのハンコの用途 と 世界初の封筒

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

美術館や博物館で、
書の作品って、
どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、
皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

前回、世界最初のハンコは、
円筒印章

と書きました。

そして、当初の使い道は、

なんと、鍵 の代用。

壺の中に貯蔵してある、お宝に封印する。
とか、
自分の食べ物(穀物、酒、油など)で貴重なものを封印する、
とか、
門や扉door の封印、
とか、
神殿の官印
とか、

財産などを保護するために使われていて、
封印には、
thunder魔力thunderがあり、
所有者以外で、封印を破ったものには、神罰が下ると、考えられていたと書きました。

では、その後、

はんこの使い道は、どう変化していったのでしょうか?

契約memopen

の確認のためにも使われるようになったのです。

まだ、当初は、印面には、

紋様art しか描かれていません。

契約を交わす人たちが、それぞれの印を持ちよって、

粘土の上に捺して、

粘土が乾かないうちに、

文字で、契約内容を書き記したのだそうです。

これだけでは、改ざんの可能性があるので、

もう一つの粘土板を薄く伸ばして、
先ほどの文書を包んで、
さらに、もう一度、ハンコを押して、契約内容を書いたんだそうです。

これ、世界初の封筒loveletterなんだそうです。

このような円筒印章の全盛期は、ハムラビ王の時だそうです。

当時は、女性も奴隷も成人はみな、

ハンコを

首に下げたり、
手に巻きつけたり

必ず身につけていたんだそうです。

さいごまで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにとって、素敵な一日でありますように。

==========
参考文献
==========
新関欽哉『ハンコの文化史』(PHP 二十一世紀図書館0082 1987年1月26日)

このページの広告は、システムによる自動表示です。

筆者とは、関係ございません。

Copyright © 2011 文字工房 安寧齋(あんねいさい) All rights reserved.

むか~しむかしのハンコの形

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

美術館や博物館で、
書の作品って、
どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、
皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

前回、ハンコは、メソポタミアで生まれた書きました。

現在、ホットな中近東ですね。

何十年と続いた独裁政権が多いこの地域、
今後、どうなってゆくのか、気になりますね。

さてさて、
この中近東で生まれたハンコ、

最初のハンコの形は、どんなだったでしょうか?

1.現在と同じ、スタンプ型(底がハンコになっている)。
2.円筒の側面がハンコになっている。

答えは、2です。

2.円筒の側面に、紋様が彫ってあったんだそうです。

写真は、ルーブル美術館の画像をご覧ください。

円筒印章

※このページ、日本語ですが、パリ発です。

使い方は、

まず、柔らかい粘土を用意して、
その上を転がして、跡をつけていた

んだそうです。

手が汚れてしまいそうですよね。

使い道は、

なんと、鍵 の代用。

壺の中に貯蔵してある、お宝に封印する。
とか、
自分の食べ物(穀物、酒、油など)で貴重なものを封印する、
とか、
門や扉door の封印、
とか、
神殿の官印
とか、

財産などを保護するために使われていたんだそうです。

そして、

この封印には、

thunder魔力thunder

があると信じられていました。

封印を破ったものには、神罰が下ると、考えられていたんですね。

科学技術の発達した現代でも、

迷信

は、存在しますが、

はるか昔のこと、

迷信の力は、絶大だったのかもしれませんね。

さいごまで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにとって、素敵な一日でありますように。

==========
参考文献
==========
新関欽哉『ハンコの文化史』(PHP 二十一世紀図書館0082 1987年1月26日)

このページの広告は、システムによる自動表示です。

筆者とは、関係ございません。

Copyright © 2011 文字工房 安寧齋(あんねいさい) All rights reserved.

ハンコはどこ生まれ?

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

お元気ですか?
近ごろ、寒暖の差が激しいですね。

ラジオを聴いていたら、
・三寒四温 改め
・三凍四暑
なんて造語の投稿がありました。

確かにflairとうなずいてしまいました。

そして、
もう、2011年も2か月過ぎ去りましたね。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」

これ、あたらしいことわざなんだそうです。
深く、ふか~~く、うなずきます。

本当に、早い car dash dash dash dash dash

さてさて、久しぶりに、書道の歴史関連の記事を書きますgood

美術館や博物館で、
書の作品って、
どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、
皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

日本では、ほんとうによくハンコを使いますよね。

先日、実家の父が、
私の子どもの頃のお年玉の口座を解約しようと、
近所のなじみの銀行に行ったのですが、

「ハンコ違います。」

という理由で、解約できなかったそうです。

私の実家は、田舎ですから、
・ハンコ
よりも、むしろ、
・顔
の方が、信憑性の高い証拠じゃないかと思いますが、

ハンコの方が、大事なんですね。

現在でも、個人認証の方法として使われているハンコ、

では、いったいどこ生まれなんでしょうか?

1.日本
2.中国
3.エジプト
4.メソポタミア
5.ギリシャ

答えは、4.メソポタミアです。

そこに住んでいた、シュメール人が、世界ではじめてハンコを使いました。

シュメール人は、人類史上、はじめて文字を発明したことでも知られていますねflair

メソポタミアで生まれたハンコは、その後、

ヨーロッパ

アジア

と普及していったんだそうです。

さいごまで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにとって、素敵な一日でありますように。

==========
参考文献
==========
新関欽哉『ハンコの文化史』(PHP 二十一世紀図書館0082 1987年1月26日)

このページの広告は、システムによる自動表示です。

筆者とは、関係ございません。

Copyright © 2011 文字工房 安寧齋(あんねいさい) All rights reserved.

にじむ紙とにじまない紙

おはようございますsun

いつもご覧になってくださり、ありがとうございます。

美術館や博物館で、
書の作品って、どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、思いました。

でも、

ちょっと、歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、書道の作品だと知りました。

この楽しさをより多くの方と共有できたらと思い、
書道の作品を見ることが楽しくなるヒントを掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas  

とってもとっても更新が遅れてしまいました。

現在、下積み生活真っ只中です。

アルバイトしつつも、
せめて、月に2回は更新できるよう、
頑張って続けて行きますので、

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

===============
にじむ紙とにじまない紙
===============

さて、今回は、にじむ紙とにじまない紙です。

子供の頃、書道の紙に書いて、

「にじみすぎてしまった~wobbly、残念sweat01

と思ったこと、ありませんか?

そう、書道の紙は、にじむんです。

万年筆pen、水彩絵の具artなど、水分の多い筆記用具で書いても、にじんでしまうんです。

でも、ノートや画用紙はにじみません。

何が違うのでしょうかsign03

実は、
にじまない紙は、加工されているんです。

書道の紙と同じ和紙を使っていても、
◆仮名作品の線、
◆日本画の輪郭線は、
シャープでにじんでないですよね。

これらも加工された紙からできているんですね。

===============
加工の方法(昔と今)
===============

どんな加工をするのかといえば、

和紙には、昔から「ドーサ液」というものを塗っています。

ドーサ液の中身は、

◆膠(にかわ)
◆明礬(みょうばん)

です。

どちらも古くから使われていたものなので、
身の回りに普通に存在しているものから作ります。

「膠(にかわ)」は動物の皮や骨などから作られる接着剤です。

西洋でも、昔から糊として使われてきていました。
動物の皮や骨等からとれるゼラチンです。

だから、昔の紙工場は、動物臭でくさかったんだそうです。

「明礬(みょうばん)」は、よく「ぬか漬」に入れて、ナスの色落ちを防ぐのに使いますね。

現代の紙は、「サイジング処理」というもので、にじみ防止加工をしているんだそうです。

◆漉く前の紙材料を溶かした液の中に、既ににじみ防止剤を入れたり、
◆漉いた後に、紙の表面に塗る加工をしたり

しているそうです。

にじみ防止剤も、合成材料が開発されているんだそうです。

【参考文献】

 トコトンやさしい紙の本 トコトンやさしい紙の本
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

美術館、博物館にいったら、にじんでいるかどうかを見てみてください。

なかには、途中まで、ドーサを塗らずに書いて、
その後、にじまないようにドーサを塗ってから、
書き重ねた作品など、技巧にこっているものを見つけられるかもしれません。

最後まで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日があなたにとって、素敵な一日になりますようにshine

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

flairお知らせflair

近頃、アートフリマを中心に、作品をご覧いただける機会を大切にすごしております。
お近くにいらした際には、是非、お声をかけていただけると嬉しいです。

【出展予定】
2010.12.11 護国寺フリマ
2010.12.12 新井薬師アートクラフト
2010.12.23  品川インターシティフリマ
2011.1.9  品川手作り市
2011.1.10 秋葉原フリマ
2011.1.22 (仮)府中アートマート

※このページの広告は、システムによる自動表示です。
  筆者とは関係ございません。

書道の作品についているハンコって?

おはようございますbud

ご覧になってくださり、ありがとうございますhappy01

美術館や博物館で、

書の作品って、どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?

わたしも、思いました。

でも、

ちょっと、歴史的な背景を知るだけで、

見るのが楽しくなるのが、書道の作品だと知りましたflair

この楽しさをより多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが楽しくなるヒントを掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

clover chick clover chick clover chick clover 

今回は、書道作品についているハンコについてまとめます。


あのハンコ、あれ自体も一つ一つが作家の作品なんですよ。

自分で彫って使っている人もいますが、

ほとんどの書家の先生は、他の篆刻の先生に作ってもらって

使っているんです。

素材は、石です。

どんな石かご覧になりたい方は、次のページをどうぞ。

古河歴史博物館別館篆刻美術館の石材のページ

flairCTLかALTキーを押しながらクリックすると、別画面に表示されます。

私は、青田(せいでん)石が彫りやすくて好きです。

巴林(ぱりん)石は、なんだか粘っこい感じがして、

線が鈍くなる気がします。

あの、これは、個人的な意見なので、

好みによります。

こんな石でできたハンコのことを、書道では、印(いん)と言っていて、

印を掘ることを篆刻(てんこく)と言っています。

で、この印ですが、

1つの作品にいくつも鈐(お)された書道作品、見たことありませんか?

Photo

こんな感じに、あちこちに印がある作品です。

では、1つずつ見てゆきますね。

2番、3番は落款印(らっかんいん)と言われます。

two

2番は、本名、フルネームです。

白文(はくぶん)といって、文字が白くて背景が赤いものです。

Photo_3

three

3番は、雅号(がごう)といって、いわゆる芸名みたいな名前の印です。

3番には、苗字は入りません。

朱文(しゅぶん)といって、文字が赤くて、背景が白いものです。

Photo_4


one

右上の一番は、引首印(いんしゅいん)と呼ばれます。

ここには、おめでたい言葉や、自分の目標などの言葉が入ります。

これらの言葉は、成語(せいご)と呼ばれていて、

お手紙なんかに使っても素敵な印だなぁと思っています。

Photo_2

成語の例としては、

例えば、

上図は、

自在天:気ままで自由な境地。

他にも、

従心:思うままにふるまうこと。70歳の別名

天行健:天は休みなく健全にあるのだから、人間もたゆまず努力しよう。

美意延年:心を楽しませてくよくよしなければ、長寿をたもてる。


これは、中国から始まった習慣だと思いますが、

中国では、印に限らず実益のある言葉を生活のあちこちに当てはめるようです。

お正月に食べる、一つ一つの料理にも、

長寿や健康、お金のことなど、

実益にかかわる名前がついているんだそうです。

日本も、似たようなところあるけれど、

日本のような、枯れ行くものを味わうわびさびのような感性は

中国にはなさそうです。

もっと成語について詳しく読みたい方は、

この本をご覧になってください。

わかりやすいです。

 「書」落款ハンドブック 漢字書かな書対応








four

最後の4番は、押脚印(おうきゃくいん)です。

引首印と雅号印以外は、どんな印を使っても良いとされています。

だから押脚印の内容は、成語をでもよいし、

肖形印(動物などの絵)でも良いです。

こんな風に自由な印だから

遊印(ゆういん)とも呼ばれます。

shine shine shine shine 

引首印や遊印に使われる印、

お手紙に使ってもステキですね。

大事なあの人のことを思いやったり、

今の自分の気持ちを表現するのに

ピッタリな言葉を探して、

ハガキやお手紙に添えて、

心のこもった言葉の贈り物、

久しぶりにお便りしてみませんか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。


※ご感想・ご要望お待ちしております。


※このページの広告はシステムが自動表示しています。

※このページの筆者とは関係ありません。

装飾紙3染紙(そめがみ)

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

 

美術館や博物館で、

書の作品って、
どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

clover chick clover chick clover chick clover 

今回は、染紙です。

大きく3つに分類されます。

①漬染
②引染
③繊維染

*************
①漬染
*************

液のなかに
紙を浸して染める方法です。

例として、

桂本万葉集
関戸本古今集

があります。

香木の煎液で染めることもあるのだそうです。

防虫のためだそうです。

例として、

香紙切があります。

*************
②引染
*************

はけで紙に顔料を塗る方法です。

鳥の下絵経がこれだそうです。

*************
③繊維染
*************

漉きあがってる紙に、
染色してある繊維をさらに漉く方法です。

だから、裏は、白いです。

代表的な作品に、

藍紙本万葉集

今城切古今集

があります。

繊維染の例として、ちょっと変わったものが有ります。

雲紙(くもかみ)

飛雲(とびくも)

羅文(らもん)

です。

雲紙は、

紙の上下に
藍染や紫染の繊維を、
雲形に染め付けてあるものです。

例として、

雲紙本和漢朗詠集

蓬莱切

があります。

飛雲は、

白紙の上に、
藍または紫で染めた繊維を
点々と漉きかけたものです。

伊予切朗詠集
元暦校本万葉集

などがその例です。

羅文(らもん)は、

表面に漉きかけられた繊維が
互いによじれあって、
ちょうど羅を二枚重ねたようにみえるものです。

三十六人集中にもありますし、
筋切本古今集のうち高光集切にもあります。

装飾紙2 唐紙(からかみ)

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

美術館や博物館で、

書の作品って、
どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

clover chick clover chick clover chick clover 

今回は、

装飾紙の2つ目、

唐紙(からかみ)を取り上げたいと思います。

唐紙は、

もとは、中国製の紙と言う意味です。

とくに、平安時代に中国から輸入された装飾紙のことを言います。

どんな紙かをいいますと、

簡単に言ってしまうと、

①きれいな紙(楮紙)に、

②版画で模様をつけたものです。

実際に、作っている様子がわかりやすいサイトを見つけました。

唐長・唐紙フリーク

京唐紙と摺り師

-----------------

①きれいな紙とは

-----------------

楮紙に色をつけたものです。

楮紙については、前回の装飾紙1をご覧ください。

どんな風に色をつけるかと言うと、

胡粉

または、

胡粉を交ぜた絵の具を塗ります。

胡粉とは、

ハマグリやホタテ・カキの貝殻を砕いてつくられている、白い粉です。

数ヶ月~数年、貝殻を天日に干し、風化させてから粉砕するのだそうです。

胡粉は、日本画で使われる白色です。

そのままでは、粘着力が無いので、

膠(にかわ)と呼ばれる動物からとれるゼラチン状の接着剤と交ぜて使います。

ところで、脱線ですが、

墨も、すすに膠を交ぜて、つくっています。

すす自体に、粘着力はないためです。

---------------------

②版画で模様

---------------------

①で用意した紙に、

版画で模様をつけます。

この模様、光のあて具合で、きらきら光ります。

どんな絵の具が使われていたかと言うと、

雲母(うんも)を砕いてつくった

雲母(きら)を使っています。

読み方が面白いですよね。

現代でも、マンガで、よく当て字のような読ませ方をしてますが、

「きらきらしている」から「きら」

というネーミング、昔からあったんですね。

名前はともかく、

理科の時間に、雲母(うんも)の石を見たことはありませんか?

きらきら光っていたあの石です。

これも、胡粉と同じで、粘着力はありません。

膠でといて、使っていました。

昔から、各地の特産品として、租税として収められていたようです。

bell bell bell bell bell

最後に

石や貝殻が、

形を変えて、

工夫次第で、ものすごく素敵なものになってしまうのが、

不思議ですね。

現代の日本は、物が溢れていて、

かえって、工夫をして使うことを忘れてしまいがちです。

それが、道具の用い方の幅を狭めてしまっているように感じます。

私自身も、

何かを買う前に、

別のもので代用できないか、

考えてから買っているつもりなのに、

なぜか、どんどんものが増えてしまいます。

改めて、昔の人って、すごいですね。

より以前の記事一覧