カテゴリー

« ボランティア 続き | トップページ | むか~しむかしのハンコの形 »

ハンコはどこ生まれ?

おはようございます。

ご覧になってくださり、
ありがとうございます。

お元気ですか?
近ごろ、寒暖の差が激しいですね。

ラジオを聴いていたら、
・三寒四温 改め
・三凍四暑
なんて造語の投稿がありました。

確かにflairとうなずいてしまいました。

そして、
もう、2011年も2か月過ぎ去りましたね。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」

これ、あたらしいことわざなんだそうです。
深く、ふか~~く、うなずきます。

本当に、早い car dash dash dash dash dash

さてさて、久しぶりに、書道の歴史関連の記事を書きますgood

美術館や博物館で、
書の作品って、
どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、
思いました。

でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りました。

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、
皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

日本では、ほんとうによくハンコを使いますよね。

先日、実家の父が、
私の子どもの頃のお年玉の口座を解約しようと、
近所のなじみの銀行に行ったのですが、

「ハンコ違います。」

という理由で、解約できなかったそうです。

私の実家は、田舎ですから、
・ハンコ
よりも、むしろ、
・顔
の方が、信憑性の高い証拠じゃないかと思いますが、

ハンコの方が、大事なんですね。

現在でも、個人認証の方法として使われているハンコ、

では、いったいどこ生まれなんでしょうか?

1.日本
2.中国
3.エジプト
4.メソポタミア
5.ギリシャ

答えは、4.メソポタミアです。

そこに住んでいた、シュメール人が、世界ではじめてハンコを使いました。

シュメール人は、人類史上、はじめて文字を発明したことでも知られていますねflair

メソポタミアで生まれたハンコは、その後、

ヨーロッパ

アジア

と普及していったんだそうです。

さいごまで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにとって、素敵な一日でありますように。

==========
参考文献
==========
新関欽哉『ハンコの文化史』(PHP 二十一世紀図書館0082 1987年1月26日)

このページの広告は、システムによる自動表示です。

筆者とは、関係ございません。

Copyright © 2011 文字工房 安寧齋(あんねいさい) All rights reserved.

« ボランティア 続き | トップページ | むか~しむかしのハンコの形 »

用具・用材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/39086721

この記事へのトラックバック一覧です: ハンコはどこ生まれ?:

« ボランティア 続き | トップページ | むか~しむかしのハンコの形 »