カテゴリー

« 現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

にじむ紙とにじまない紙

おはようございますsun

いつもご覧になってくださり、ありがとうございます。

美術館や博物館で、
書の作品って、どこが面白いんだろう、、
と思ったことはございませんか?

わたしも、思いました。

でも、

ちょっと、歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、書道の作品だと知りました。

この楽しさをより多くの方と共有できたらと思い、
書道の作品を見ることが楽しくなるヒントを掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas  

とってもとっても更新が遅れてしまいました。

現在、下積み生活真っ只中です。

アルバイトしつつも、
せめて、月に2回は更新できるよう、
頑張って続けて行きますので、

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

===============
にじむ紙とにじまない紙
===============

さて、今回は、にじむ紙とにじまない紙です。

子供の頃、書道の紙に書いて、

「にじみすぎてしまった~wobbly、残念sweat01

と思ったこと、ありませんか?

そう、書道の紙は、にじむんです。

万年筆pen、水彩絵の具artなど、水分の多い筆記用具で書いても、にじんでしまうんです。

でも、ノートや画用紙はにじみません。

何が違うのでしょうかsign03

実は、
にじまない紙は、加工されているんです。

書道の紙と同じ和紙を使っていても、
◆仮名作品の線、
◆日本画の輪郭線は、
シャープでにじんでないですよね。

これらも加工された紙からできているんですね。

===============
加工の方法(昔と今)
===============

どんな加工をするのかといえば、

和紙には、昔から「ドーサ液」というものを塗っています。

ドーサ液の中身は、

◆膠(にかわ)
◆明礬(みょうばん)

です。

どちらも古くから使われていたものなので、
身の回りに普通に存在しているものから作ります。

「膠(にかわ)」は動物の皮や骨などから作られる接着剤です。

西洋でも、昔から糊として使われてきていました。
動物の皮や骨等からとれるゼラチンです。

だから、昔の紙工場は、動物臭でくさかったんだそうです。

「明礬(みょうばん)」は、よく「ぬか漬」に入れて、ナスの色落ちを防ぐのに使いますね。

現代の紙は、「サイジング処理」というもので、にじみ防止加工をしているんだそうです。

◆漉く前の紙材料を溶かした液の中に、既ににじみ防止剤を入れたり、
◆漉いた後に、紙の表面に塗る加工をしたり

しているそうです。

にじみ防止剤も、合成材料が開発されているんだそうです。

【参考文献】

 トコトンやさしい紙の本 トコトンやさしい紙の本
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

美術館、博物館にいったら、にじんでいるかどうかを見てみてください。

なかには、途中まで、ドーサを塗らずに書いて、
その後、にじまないようにドーサを塗ってから、
書き重ねた作品など、技巧にこっているものを見つけられるかもしれません。

最後まで、読んでいただいて、ありがとうございました。

今日があなたにとって、素敵な一日になりますようにshine

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

flairお知らせflair

近頃、アートフリマを中心に、作品をご覧いただける機会を大切にすごしております。
お近くにいらした際には、是非、お声をかけていただけると嬉しいです。

【出展予定】
2010.12.11 護国寺フリマ
2010.12.12 新井薬師アートクラフト
2010.12.23  品川インターシティフリマ
2011.1.9  品川手作り市
2011.1.10 秋葉原フリマ
2011.1.22 (仮)府中アートマート

※このページの広告は、システムによる自動表示です。
  筆者とは関係ございません。

« 現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

用具・用材」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
先週末護国寺で後ろのブースで切絵を販売してました「猫また峠」のリンです。
同じ紙を使うにしても あんねいさんは「書く」のがメイン私は「切る」のがメイン
材質も厚みも全く異なるものを使ってるんですよね

にじまない紙が昔からの工夫によって出来てる様に
切絵用の和紙も和服の柄に為の「型紙」と言うのは下記の渋を使って丈夫にしてるので
やはり昔の人の工夫には頭が下がります

又機会があったらご一緒できると良いですね
お話してて楽しかったです 有難うございました。


(先程一度投稿したのですが、何故か消えてしまい・・二重投稿になってしまったらすみません)

先日の護国寺でお話させていただいた、「猫雑貨ぶな工房」の、にゃあといいます。
(まねきねこを出していたものです)

護国寺フリマは予想以上にまったりでしたね~。
でも、周りのみなさんとお話ができて楽しかったです。

またどこかでお会いできるといいですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/37987738

この記事へのトラックバック一覧です: にじむ紙とにじまない紙:

« 現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »