カテゴリー

« 漢字の誕生日 | トップページ | にじむ紙とにじまない紙 »

現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい)

おはようございますsun

いつもご覧になってくださり、ありがとうございます。

美術館や博物館で、

書の作品って、どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?

わたしも、思いました。

でも、

ちょっと、歴史的な背景を知るだけで、

見るのが楽しくなるのが、書道の作品だと知りました。

この楽しさをより多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが楽しくなるヒントを掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

maple apple maple apple maple apple maple apple

近頃、とても更新が遅れてしまいました

実は現在、下積み生活真っ只中です。

秋の展覧会に頑張って二つほど出展したのですが、

出品費用、表具代、馬鹿にならない金額です。

ふところは、ヒューヒュー。

既に北風。

埋め合わせるべく、

本格的にアルバイトを始めました。

少し、頻度がおちましたが、

頑張って続けて行きますので、

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、

先日、佐久市の近代美術館に行ってきました。

P1030039

ここでは、現在、比田井天来展をやっています。

比田井天来先生は、25歳のときに上京したんだそうです。

作品を見たお坊さんが驚いて、本格的に勉強すべきと助言したんだそうです。

東京に出るなり、

大胆な行動に出ます。

なんと、当時高価だった拓本

(中国の有名な鄭道昭(ていどうしょう)の『論経書詩(ろんけいしょし)』

を買い占めてしまったんです。

この事実は、当時の巨匠であった日下部鳴鶴もびっくり!

上京してきた若造が、自分でも買おうか躊躇するものを、大金はたいて買ってしまったんですから。

たちまち比田井先生は有名になってしまったんだそうです。

比田井先生は、交友関係も素晴らしい。

有名な政治家たちとの交流も多かったんですね。

これができたのも、

実家がお金持ちだったからだそうです。

こちらは実家のお写真。

P1030249

大きな立派な藏もありました。

P1030244

この地域の庄屋さんだったそうです。

天来先生は、もちろん書道の才能もありましたけれど、

それをバックアップするだけの経済力も兼ね備えた方だったんですね。

さてさて、

作品の内容ですが、

これまたすごい。

やることが豪快なぶん、

作品も豪快です。

なんと、篆書・隷書・行書・草書・楷書、ぜ~んぶ使った作品が

いくつもありました。

たいてい、一つの作品は、一つの書体で書くのが一般的です。

それに、一つの書体の方が、全体的に統一感があって、書きやすい。

あえて、いろんな書体を混ぜて、

それでも統一感を持たせられるところに、凄さがあるのかなぁと感じました。

作品表現にも、幅があります。

横書きの堂々とした大きな文字の額があるかと思えば、

小さな文字の作品もあり、

現代の一字書につながる、巨大な文字の作品もある。

楷書も、行書も草書も、どんな書体でも、書きこなしている。

手紙の小さい文字も素晴らしい。

履歴書に残された1cm程度の楷書も、

集中力を切らさず、テンポを乱さず、焦ることなく、

タンタンと書き進めてゆく、

なんだか、贅沢な時間を感じました。

表具も一つ一つが高そうでした。

紙ではなく布の表装。

それぞれの作品ごとに、しっくりと似合った風情。

おそらく、こだわって選んだであろうと思いました。

比田井先生が「現代書道の父」と呼ばれるのは、何でだと思いますか?

答えは、

人まねではなく、自分で自分の世界を構築することを大事にしたからなんだそうです。

人から習ったことを鵜呑みにすることでは、その人らしさは生まれない。

自分の、自分だけの表現がどこにあるのかを考えさせたことが、

現代の自由な表現による書作品につながっているのだそうです。

長野の佐久市の現在の景色は、

秋色真っ只中。

是非、脚を運んでみてください。

P1030186

P1030214

P1030218

« 漢字の誕生日 | トップページ | にじむ紙とにじまない紙 »

日本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^-^
今日のイベントでご一緒した 石けん&アロマ雑貨のainaです♪
今日はお疲れさまでしたー☆
書道。。。かれこれ20年以上関わっていない世界です。
でも、小学、中学のころは 大好きで
寝る直前まで 何やらひたすら書いていたような記憶があります。。。
書道教室にも通っていましたが
いくら筆を洗っても、筆の根元から墨が流れ出てくるのをじーっと見つめていた記憶があります^-^

今日のご縁を大切に、またブログに遊びに伺いますネ♪
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/37306191

この記事へのトラックバック一覧です: 現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい):

« 漢字の誕生日 | トップページ | にじむ紙とにじまない紙 »