カテゴリー

« ものごとは明るく積極的に見る | トップページ | 現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい) »

漢字の誕生日

おはようございますsun

ご覧になってくださり、ありがとうございます。

美術館や博物館で、

書の作品って、どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?

わたしも、思いました。

でも、

ちょっと、歴史的な背景を知るだけで、

見るのが楽しくなるのが、書道の作品だと知りました。

この楽しさをより多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが楽しくなるヒントを掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

maple apple maple apple maple apple maple apple 

漢字の誕生は、中国の殷の時代です。

では、このころにすべての漢字が出そろったのでしょうか?

そんなことはありません。

漢字は、徐々に、必要に応じで作られてきました。

では、問題です。

「住」という字は、いつ生まれたのでしょうか?

「衣食住」と言われるように、
現在では、大事な生活の要素です。

ですから、古い漢字なのでは??

と思われると思いますが、

六朝(隋のちょっと前)付近から出てくる感じなのだそうです。

ということは、孔子様の「論語」にも出てこない漢字ということになります。

※この文字に関しては、前身の文字があるようです。

 人篇に豆旁の文字があることが、いくつかの字書に記載されています。

漢字は、殷のころは、

《神との対話》

つまり、占いのために使われていました。

神⇔王

のやり取りのために使われたわけです。

だから、人間そのものの生活にかかわる文字は、
まだ生まれていなかったんじゃないかと考えられます。

その後、秦のころになって、

《統治のため》

に文字がつかわれるようになりました。

王→人民

ということです。

次第に、

人民⇔人民

という風に文字がつかわれるようになり、

いろんな文字が生まれたのではないかと考えられます。

漢字の誕生日を調べるだけでも、
時代の意識、考え方が見えてくるかもしれませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今日が、あなたにとって素敵な一日になりますようにbell

今日の話題は、次の本を参考にしました。
加藤 康司『辞書の話』 (中公新書 425 1976年)

※ご感想・ご要望お待ちしております。

※このページの広告はシステムが自動表示しています。

※このページの筆者とは関係ありません。

« ものごとは明るく積極的に見る | トップページ | 現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい) »

文字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/37033735

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字の誕生日:

« ものごとは明るく積極的に見る | トップページ | 現代書道の父といわれる比田井天来(ひだいてんらい) »