カテゴリー

« 書道の作品についているハンコって? | トップページ | 蘇軾って三絶? »

中国にはなかった漢字

おはようございますbud

ご覧になってくださり、ありがとうございますhappy01

美術館や博物館で、

書の作品って、どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?

わたしも、思いました。

でも、

ちょっと、歴史的な背景を知るだけで、

見るのが楽しくなるのが、書道の作品だと知りましたflair

この楽しさをより多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが楽しくなるヒントを掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

clover chick clover chick clover chick clover 

漢字は、中国から日本にやってきました。

しかし、日本から中国に逆輸入された文字もあるのだそうです。

何だと思いますか?

答えは「働」です。

「人」が汗水たらして、食べていけるように「動」いて、働く。

中国に、もともとこの文字がないということは、

労働という概念自体存在しなかったということなのでしょうか。

現在では、「働」は使い勝手の良い字のようで、

中国でもよく使われています。

いつ頃、日本から逆輸入されたかはわかりません。

ちなみに、次の本に載っていました。

なりたちで覚える漢字

他にもいろいろ漢字の成り立ちについて解説がなされています。

他にも日本から中国に逆輸入された文字があるかもしれません。

見つけたら、教えてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今日が、あなたにとって素敵な一日になりますように。

※ご感想・ご要望お待ちしております。

※このページの広告はシステムが自動表示しています。

※このページの筆者とは関係ありません。

« 書道の作品についているハンコって? | トップページ | 蘇軾って三絶? »

文字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/36647818

この記事へのトラックバック一覧です: 中国にはなかった漢字:

« 書道の作品についているハンコって? | トップページ | 蘇軾って三絶? »