カテゴリー

« 中国にはなかった漢字 | トップページ | 熱意がものを生み出す »

蘇軾って三絶?

おはようございますbud

ご覧になってくださり、
ありがとうございますhappy01


美術館や博物館で、

書の作品って、
どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?


わたしも、
思いました。


でも、
ちょっと、
歴史的な背景を知るだけで、
見るのが楽しくなるのが、
書道の作品だと知りましたflair

この楽しさを
より多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが
楽しくなるヒントを
掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。


そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

clover chick clover chick clover chick clover 


蘇軾(ソショク)(蘇東坡:ソトウバともよばれる)の名を、
学生のとき、国語の教科書でご覧になった方も多いのではないでしょうか。

漢文の授業で、よく取り上げられる方ですよね。

この方、スゴイ方なんです。

書道でも、とても有名なんです。


まだまだあります。

絵も上手だったのです。

つまり、

文章+書道+絵画

において、スゴイ人なのです。


こんなふうに、詩・書・画に優れている人のことを、中国では、


《三絶》(さんぜつ)

と言います。

昔の中国の文人は、
三絶であることが尊敬される条件だったそうなんです。

ちなみに、蘇軾さん、

詩・書・画だけでは、飽き足りない、
ものすごい好奇心旺盛な方だったようです。


「東坡肉」(トンポーロー、ブタの角煮)は、
蘇軾にちなんだ料理だそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E8%BB%BE#cite_note-4
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E7%85%AE


料理の由来を知ると、
普段のごはんも、
なんだか格調高くなって、
リッチな気分が味わえる気がします。


それから、蘇東坡さん、
ファッションでも、
確か、帽子か何か、おしゃれを楽しんでいたようなことを
聞いたことがあります。

※このあたり、ウル覚えなので、
 また、調べたら掲載しますね。


好奇心旺盛の蘇東坡さん、
人生を思う存分味わったんだろうなぁshine・・・

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

今日が、あなたにっとって素敵な一日となりますように。


※記事に対する、ご意見ご要望、お待ちしております。

※このページに記載されている広告は、
 システムが自動表示しているものです。

 このページの筆者とは関係ございません。



すぐわかる中国の書 すぐわかる中国の書


販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 中国にはなかった漢字 | トップページ | 熱意がものを生み出す »

人物伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/36728537

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇軾って三絶?:

« 中国にはなかった漢字 | トップページ | 熱意がものを生み出す »