カテゴリー

« 多胡碑 | トップページ | 篆書の歴史 »

懐紙の大きさ

おはようございますbud

ご覧になってくださり、ありがとうございますhappy01

美術館や博物館で、

書の作品って、どこが面白いんだろう、、

と思ったことはございませんか?

わたしも、思いました。

でも、

ちょっと、歴史的な背景を知るだけで、

見るのが楽しくなるのが、書道の作品だと知りましたflair

この楽しさをより多くの方と共有できたらと思い、

書道の作品を見ることが楽しくなるヒントを掲載してゆきたいと思っております。

力不足な点も多々あるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

皆様の心に

何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

clover chick clover chick clover chick clover 

今回は、懐紙(かいし)のサイズについてまとめます。

 

日本の書道作品で、懐紙の作品をよく目にする事があります。

 

一番古いものは、藤原佐理の詩懐紙です。

なんと、藤原佐理26歳の作品です。

す、すごい、です。

 

ま、若いときものすごいことを達成する方ももいらっしゃいますが、

大器晩成の方の方が多いのではないかと感じています。

寿命の延びた現代だからこそ、

あきらめることなく、

ずっと夢を持ち続けて行きたいですね。

「成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと」

自分の限界を自分で決めつけることなく、

前進したいです。

さてさて本題。

懐紙のサイズは、だいたい31cm*48cmです。

01

 

 

 

これを、6つに切ると、短冊になります。

02

 

 

端に短冊を一つ取って、4等分すると、色紙ができます。

03

 

 

書道の懐紙は、現在お茶で使われているものと、サイズが違うようです。

お茶の懐紙のサイズのいわれは、また後日調べて見たいと思っております。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

※記事に対する、ご意見ご要望、お待ちしております。

※このページに記載されている広告は、 システムが自動表示しているものです。

 このページの筆者とは関係ございません。

« 多胡碑 | トップページ | 篆書の歴史 »

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/36437792

この記事へのトラックバック一覧です: 懐紙の大きさ:

« 多胡碑 | トップページ | 篆書の歴史 »