カテゴリー

« 吉備大臣入唐絵巻 | トップページ | 自分のハートの声を、人生の羅針盤にするのだ »

人と与(とも)にするには備わらんことを求めず(書経)

おはようございます。

ご覧になってくださり、

ありがとうございます。

このブログでは、

1.書道の歴史(博物館に行くことが楽しくなる)

2.前向きな言葉(今日も元気になれる)

を紹介してゆきます。

今回は、前向きな言葉を
書の作品で表現しました。

皆様の心に
何か暖かいものが残ることを祈りつつ。。。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

Photo

他の人と接する場合には、相手に完全さを期待してはならないというもの。

自分に対しては備わらんことを求めたほうが、成長できます。

しかし、

相手に完全さを求めても、そんな完全な人なんていません。

無いものねだりより、

相手が現在備えているものを引き出す方が、

自分にとっても、相手にとっても

反発を生まず、

前向きになれるのかもしれません。

※この言葉は、次の本から引用しました。

 

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4) 中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)

著者:守屋 洋

販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 吉備大臣入唐絵巻 | トップページ | 自分のハートの声を、人生の羅針盤にするのだ »

ことばの栄養」カテゴリの記事

コメント

ひでこ様

コメントをいただいてありがとうございます。
まだまだ、未熟で、お恥ずかしい限りですが、
暖かいお言葉に励まされます。

これからも、よろしくお願いいたします。

これはいい言葉ですね。
その寛容さを身につければ、おだやかな日々がすごせますね。
伸び伸びとした、大きな可能性を感じさせてくれる筆使いがすてきです。

ありがとうございました。
読ませて頂きなから、少しずつ書道のことを勉強したいと思います。
〇〇の手習いですo(^-^)o

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197431/35646909

この記事へのトラックバック一覧です: 人と与(とも)にするには備わらんことを求めず(書経):

« 吉備大臣入唐絵巻 | トップページ | 自分のハートの声を、人生の羅針盤にするのだ »